Part 3 飛び出す絵本との出会い

Part 3 飛び出す絵本との出会い

本WEBに記載するロバート・サブダ氏の略歴は、同氏の公式サイトに記載されている英文略歴を、本WEB「ロバート・サブダの飛び出す絵本」の管理人が翻訳、易訳したものです。

ロバート・サブダ氏 Part 3 「飛び出す絵本との出会い」

すぐに私は、優しい物語、幸せな絵で満ちた、フルサイズサイズの本を創り始めました。

 

「本」に対する私の情熱は、新しい歯医者に行ったことで、予想外のネジレとなりました。

 

前回、虫歯の穴の治療の為に歯医者に行ったとき(私はキャンデーが大好きなのです)、その歯医者は、充分な麻酔をしないで治療を始めたので、私は痛くて大声を出しました。

 

驚いた母は、治療室に飛び込んで来て、歯医者を睨みつけ、私をサッサと連れ去り、その歯科医には、2度と行くことはありませんでした。

 

新しい歯医者の待合室で、私は怯えながら待っていました。

 

待合室に、バスケットいっぱいの本があることに気が付いた母は、1冊持ってきて、それを一緒に読みましょう、と言いました。

 

私はバスケットに本を取りに行き、そして、それらの本が「特別な本」であることに、すぐに気が付きました。

 

それらは、とても分厚く、ハードカバーが付き、それは私にとって、「高価な本」ということを意味しました。

 

最初のページを開いて、私は衝撃を受け、そして大喜びしました。

 

何故なら、何かがページを離れ、飛び出すからです。

 

それは、「飛び出す絵本」でした。

 

私は、もう夢中になり、歯医者のことなど、すっかり忘れていました。

 

その後まもなく、日中に母が秘書として働いていた会社「フォード」から、母は、古いフォルダーを持って帰ってきました。

 

恐竜2・恐竜・ロバートサブダ

 

 

次ページ 【 Part 4 児童図書イラストレーター 】 へ

 

Copyright (C) 2003 by Robert Sabuda

本サイト掲載のロバート・サブダ氏の写真は同氏のマネージャーJennifer Zatorski氏の承諾を受けています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
サブダ 洋書 サブダ 翻訳本 サブダ クリスマス本 クリスマスカード ポップアップカード